指先から、とけていく

さとっていない世代の日記

本の読み方

そんなものないのかもしれないけど、小説だけでは物足りない。随筆は作者の当たり外れがあってまだ好きな筆者に出会えていない。超古典は訳者によってはハマる。古典は日記の人の読解力と集中力との勝負。論説文は有象無象でなかなかどれを読んだものかわからない。

 

こう考えると高校の教科書とかに載ってた論説文、随筆、当時は問題としてか見れなかったがむちゃくちゃ面白かったなと思う。

最近読んで面白かったのは池上英洋 『西洋美術史入門』。そもそもかなり有名な本みたいなのだけど、やはり面白かった