指先から、とけていく

さとっていない世代の日記

都合の良い嘘

普段自分のことをあまり嫌いにならないように、短所に目を瞑ることが多くなった。

 

写真を撮ると客観的に不細工な顔に向き合う必要に駆られて非常に辛い。一緒に写る友人は普段みているままの姿でうつっているのに、その横に自分は普段鏡の中に写っていると思っていた自分より随分不気味な顔で写っている。なんというか、鏡の前で自分のことを好きでいられるような強力な催眠をかけているらしいことに最近気づいている。

 

ので写真を撮られるのがすこぶる嫌いだ。